天工開物 - 宋応星

天工開物

デジタル大辞泉 - 天工の用語解説 - 天のしわざ。大自然の働き。「宇宙間の森羅万象. 『天工開物』(宋応星/撰 薮内清/訳注)の販売ページです。. A模試第2問問(3) 在地の伝統文化が、他地域との交疏を通じて、さまざまな変容をみせることがある。以下の(a)・(b)の問いに、冒頭に(a) ・(b)を付して答えなさい。 (a) 中国を訪れたイエズス会宣教師は、ヨーロッパの天文学・数学・建築などを伝え、明末から清代にかけての中国に文化的影響を.

或法度を有せざるはなし。―の事物すら尚 (な) お然り」〈逍遥・小説神髄〉 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。. 明宋應星撰他 出版者 河内屋茂八等刊 出版年月日 明和8 請求記号 特1-781 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)公開範囲 インターネット公開(保護期間満了) 詳細表示 資料種別 (materialType) Book. 宋応星/薮内清訳『天工開物』東洋文庫 p. pdf >医学类/ 图像本草蒙筌. 中国、明(みん)代末の産業技術書。1637年に宋応星(そうおうせい)が書いた。すでに伝来していた西洋の科学技術についての記載は、火器を除いてきわめて少なく、中国在来の産業技術が3巻18部門に分けて記載されている。・・・ 参考文献. 中国書籍 百科 『天工開物(精装挿図本)』 を中国大陸から直送いたします。中国の明末の学者 宋応星(ソウ・オウセイ)書いた産業技術書『天工開物(精装挿図本)』。.

或法度を有せざるはなし。―の事物すら尚(な)お然り」〈逍遥・小説神髄〉. 明の時代、薬物に関して総合的にまとめた李時珍(りじちん)の『本草綱目』、徐光啓が編集した『農政全書』、宋応星が著した図入りの技術書『天工開物』、イエズス会宣教師アダム=シャールの力を借りて徐光啓らが編纂した『崇禎暦書』、マテオ=リッチが作成した「坤輿万国全図」など. 『天工開物』(宋応星撰 藪内清訳注 平凡社 1987) p48-49に〈糸くり〉の項あり。 p65に〈糸くり〉の図あり。 ※『中国学芸大事典』によると「天工開物」は1637年刊。「明末の農工業史を知るための重要書」とあり。.

pdf >医学类/. 宋応星『天工開物』薮内清訳注(平凡社東洋文庫、1969年) 薮内清編『天工開物の研究』(京都大学人文科学研究所研究報告)(恒星社厚生閣、1953年) 『天工開物3卷』 - 国立国会図書館デジタルコレクション; 注釈. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 天工開物の用語解説 - 中国,明代の産業技術書。宋応星の著。3巻。崇禎年刊。食品,衣服,鉱物,兵器,文具など 18部門に分け,絵入りで,中国伝来の生産技術を解説したもの。人間の技術は自然の力のうえに成り立つという考えに貫かれた. 3 平凡社 と述べており、ここに宋応星の立場がはっきりと示されている。『天工開物』という書名も、「天から与えられた資源を、人間が開発する」ということを意味している。. 天工開物 全9冊 明和8年刊 明末に宋応星著の中国産業技術書の和刻本。河内屋茂八板。 古典籍・古い和本は、適切に評価致しますので、お任せ下さい。. カテゴリ「Tiangong Kaiwu Encyclopedia」にあるメディア.

それから、イエズス会宣教師マテオ=リッチに徐光啓が学んで執筆したの数学の本である「幾何原本」&ヨーロッパの農業を紹介する「農業全書」、医師の李時珍の「本草綱目」(植物・動物・鉱物など1900種の薬物の辞典)、地方官の宋応星による「天工. 天工/天功(てんこう)とは。意味や解説、類語。天のしわざ。大自然の働き。「宇宙間の森羅万象. 明末の地方官吏として生涯を送り、1637年に産業技術書『天工開物』を著した。 明末の1587(万暦15)年、江西省奉新県に生まれ、1615年に兄の宋応昇とともに科挙の地方試験である郷試に合格し挙人となった。. Amazonで宋 應星, 藪内 天工開物 - 宋応星 清の天工開物 (東洋文庫 (130))。アマゾンならポイント還元本が多数。宋 應星, 藪内 清作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. Amazonで宋 應星, 藪内 清の天工開物 (東洋文庫 (130))。アマゾンならポイント還元本が多数。宋 應星, 藪内 清作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 者宋応星についての人物像を紹介してみたい。 講師のプロフィール 渡部 武(わたべ たけし): 1943 年、東京都大田区の京浜工業地帯の一角に生まれる。生 家は代だい木造建築請負業を営む。早稲田大学文学部および同大学院で中国古代史を学び、. そして明の崇禎10年(1637),宋応星 により編纂された 「天工開物」とい う書物に世界で初 めて金属亜鉛製錬の記述が見出され,その本の銅の項 の終わりに付録として 「倭鉛」と命名され,その製錬 法も図示されてい る,.

宋応星は、科学者として身を立てる以前は、江西省奉新県の 官僚を務めていたが、上記のような状況を憂い、中国の民衆た ちが伝統的に構築してきたものづくりを記録にとどめ、その本 質を見極めることの重要性を問うた。それが『天工開物』であ る。. 技術の歴史 フォーマット: 図書 責任表示: 三枝博音著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 中央公論社, 1973 形態: 2冊 ; 22cm. 著者 宋応星/江田益英校訂 ; 出版社 管生堂/秋田屋源兵衛; 刊行年 1830年; 冊数 全9冊; 解説 文政13年 和本 墨摺木版挿絵入 1、4巻表紙スレ・題箋イタミ 全巻表紙・ページ少虫損 概ね普通 大本(17. 宋, 応星 ソウ, オウセイ song, ying xing 中華書局上海編輯所 チュウカ ショキョク シャンハイ ヘンシュウジョ zhong hua shu ju shang hai bian ji suo 関連文献: 1件. 百科事典マニアの血を騒がすこの一冊。 中国明王朝時代のテクノロジーの集大成、宋応星撰 『天工開物』 (原著は1637(明王朝末の崇禎10年) 日本語訳は薮内清訳注 平凡社 東洋文庫130 1969(昭和44)初版刊行)を紹介します。. このカテゴリに属する 15 個のファイルのうち、 15 個を表示しています。. 天工開物(てんこうかいぶつ)は中国の明末(17世紀)に宋応星によって書かれた産業技術書。 「天工」は造化の巧み(自然の業)、「開物」は人間の巧みを意味する。. 宋応星の故郷を訪れて資料を探訪し、『新呉雅渓宋氏宗譜』(注9)や明版『方玉堂全集』(注io)などを 発見した。これらによって宋応星一族の動静が明らかになっただけでなく、それまで詳しいことがわ.

100 1 _ ‎‡a 宋, 応星 ‏ 100 0 _ ‎‡a 宋应星 ‏ 100 1 _ ‎‡a 송응성 ‏ ‎‡g 宋應星 ‏ ‎‡d‏. 巻上,中,下 / 宋応星 著 tenkō kaibutsu このタイトルで早稲田大学蔵書目録を検索(OPAC title search). pdf >医学类/ pdf >医学类/ 十四经穴歌. また、明 宋応星撰の『天工開物』では韶粉(しょうふん)「每鉛百斤,溶化,削成薄片(中略)此物古因辰、韶諸郡專造,古曰韶粉(俗誤朝粉)」とあり 、現在の中国 甘粛省 涇川縣 、 広東省の韶関市製造「鉛粉」を指した。.

/169914cb82c5938f /127-0ee633c259df /133618/100 /92102/184

Add: febytewu36 - Date: 2020-12-11 09:08:48 - Views: 7580 - Clicks: 2612

天工開物 - 宋応星

email: tucozil@gmail.com - phone:(839) 632-2045 x 3014
Bing Google sitemap.xml

天工開物 - 宋応星